Monthly Archive: 2018-June

ボルタレン
0

ボルタレン(解熱鎮痛剤)は何歳から飲んで良い?...

ボルタレンは有効成分ジクロフェナクナトリウムが持つ優れた抗炎症作用によって、患部の炎症で引き起こされる強い痛みや腫れ、発熱を抑える効果を持った解熱鎮痛剤です。 ボルタレンはNSAIDsとも呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬の系統に属する薬で、痛みの原因となるプロスタグランジンという物質を生成する酵素の働きを阻害することで効果を発揮します。 痛みが生じるメカニズムに直接作用して原因物質の発生を抑えることから、ボルタレンは非常に良く効く痛み止めとして広く知られるようになりました。 NSAIDsグループの中でも痛み止めとしての効果が格段に高いボルタレンは、手術後や抜歯後の麻酔が切れた後に起こる激痛緩和のために処方されるほどの解熱鎮痛剤です。 効果の高い薬には副作用を起こしかねない強い成分が含まれていることが多くボルタレンも例外ではありません。 優れた抗炎症作用を誇るボルタレンの有効成分ジクロフェナクナトリウムですが、効き目の強さゆえに錠剤と座薬は劇薬指定となっており、原則として医師の処方を受けなければ利用できない薬です。 手術後の激痛が緩和できるほどの解熱鎮痛剤だけに日ごろから強い痛みに悩む人にとっては、いつでも入手できる市販薬としてのボルタレンが欲しいところです。 有効成分を使った塗り薬や貼り薬の市販薬はあっても錠剤や座薬は処方薬しかありません。 強い効き目を持つボルタレンは長期間服用してしまうと耐性が生じて効きにくくなったり、胃痛や吐き気といった胃腸への副作用が生じやすくなるため、医師が痛みのピークを見定めて限定した期間で処方すべき痛み止めとされています。 高い効果に付き物の副作用が心配されることから、ボルタレンは子どもと高齢者の服用は原則的に不可とされており、胃腸への影響が少ない座薬のみが慎重に投与されることがあると言われます。 錠剤が服用可能となるのは15才以上からで、高齢者の場合は65歳以上になってから使用する場合には慎重な投与が必要となる痛み止めです。 子どもの場合も高齢者の場合も何歳から大丈夫で何歳以上は不可というより日ごろの体調や持病の種類、アレルギー体質など副作用が生じやすくなる要因を見極めておく必要があり、いずれの場合も医師の慎重な判断の下に処方されます。 ボルタレン服用時は必ず胃腸薬も服用する理由 ボルタレンは有効成分ジクロフェナクナトリウムが持つ優れた抗炎症作用で、痛みの原因物質プロスタグランジンの生成を阻害して強い痛みや腫れを緩和します。 手術や抜歯の後で麻酔が切れた時に起こる激痛を和らげるために処方されるほど高い効果を持つ解熱鎮痛剤です。 NSAIDsこと非ステロイド性抗炎症薬の中でも効き目の確かさで特に人気が高いボルタレンですが、胃痛や吐き気といった副作用が生じやすいため胃腸薬も共に処方されます。 ボルタレンが処方される際に何故胃腸薬が処方され一緒に服用する必要があるのかの理由は、ボルタレンが痛み止めとしての効果を発揮するメカニズムそのものにあります。 ボルタレンは有効成分ジクロフェナクナトリウムの働きで、痛みの原因物質プロスタグランジンを生成する酵素シクロオキシゲナーゼの働きを阻害して効き目をあらわします。 このプロスタグランジンを抑える効果こそが胃腸にダメージを与えることに繋がってしまいます。 ボルタレンが抑制するプロスタグランジンは炎症の際に出て来るだけではなく、消化管などの粘膜に普段から存在して粘膜保護などの働きを助ける役割も果たしている物質です。 胃に存在するプロスタグランジンも胃酸の分泌を抑えたりすることで胃粘膜保護に貢献しているため、ボルタレンがプロスタグランジン生成を抑え過ぎてしまうと、胃粘膜の保護に必要なプロスタグランジンも足りなくなってしまいます。 何故ボルタレンと胃腸薬がセットのように処方されるのかは、足りなくなるプロスタグランジンの代わりに胃粘膜を保護して胃腸の機能を守るためです。 ボルタレンが必ず胃腸薬と一緒に服用するべき解熱鎮痛剤なのは何故なのかを理解した上で、胃腸を守りながら痛み止めとしての優れた効果を役立てることが大切です。 市販の解熱鎮痛剤よりも強い薬であることを今一度しっかり認識しておく必要があります。 特に子どもと高齢者は副作用が出やすいことを家族全員で把握して、痛みが強いからと他の家族が処方されたボルタレンを子どもや高齢者に安易に服用させないことも重要です。 また、なかなか通院などができない方は通販でボルタレンを購入することも可能となっています。 その場合には安心できる個人輸入代を選ばなくてはなりません。 色々な口コミなどを参考にしてから通販サイトを選びお薬を購入するようにしましょう。