鎮痛剤が効かない胃の痛みにはネキシウムを使う
0

鎮痛剤が効かない胃の痛みにはネキシウムを使う...

鎮痛剤は痛みを和らげる効果のある薬で体の様々な部位の痛みに作用しますが、全ての痛みに対応しているわけではなく、鎮痛剤を服用しても痛みがなくならない場合があります。 これは鎮痛剤がどのようなメカニズムで痛みを抑えているかというところに関係があり、痛みの種類によって鎮痛剤の種類を変えていく必要があります。 痛みの原因には炎症が起きていることによって起こるものがありますが、そういったものに対しては炎症を抑えるタイプの鎮痛剤を使用すると痛みも鎮まります。 胃に炎症が起きて胃痛が起きている場合には炎症を軽減させることで痛みを軽減させることができますが、炎症が起きている原因が治らないとすぐに痛みが再発してしまう場合もあります。 胃に炎症が起きている原因にはいくつかのものがあり、食べ過ぎなどをして胃に負担がかかってしまったりストレスなどで胃酸の分泌が増えてしまった時です。 胃の主な機能は食べた物を消化することですが、食べた物が多すぎる時には胃の消化機能が追い付かずに胃が疲労してしまったり、消化能力が落ちてしまい食物が長い時間胃の中に停滞してしまうこともあります。 そしてたくさんの食物を消化しようとした時には消化酵素が多く出されるために、それが胃の粘膜を傷つけてしまうこともあります。 そのような胃痛の場合には鎮痛剤を使用しても痛みがおさまらないことが多く、消化酵素が多く出過ぎることで胃炎が生きている時には、消化酵素の分泌を軽減させるような薬が必要になります。 ネキシウムは鎮痛剤ではありませんが、胃酸が多く出過ぎることで起こる胃痛に対して胃酸の分泌を抑制することで胃痛を軽減させる働きが期待できる薬です。 胃痛の中でも胃酸が多く出ていることが原因で起こっている痛みに対しては胃酸の分泌を抑えることが重要になります。 胃痛があって鎮痛剤を使用したけれど痛みが治らないという時には、胃酸が過剰に分泌されている可能性があります。 その時には胃酸分泌を抑制するネキシウムを使用してみましょう。 ネキシウムが効かない胃の痛みの対処法 ネキシウムは胃酸の分泌抑制する働きのある薬なので、胃酸が過剰に分泌されている状態でない場合には服用をしても効果が現れないことがあります。 そのような時の対処法としては胃の状態が疲れてしまっている時があるので、胃が休まるような対処をする必要があります。 そのためには胃に優しい食べ物を積極的に摂るようにすることで消化にかかる負担を減らすことができます。 胃に優しい食べ物は消化しやすい状態にある食べ物のことで、例えば普通に炊いたご飯よりも、水分を多くして柔らかく炊いたお粥のほうが消化が良い食べ物になります。 胃に優しい食べ物の特徴としては硬さのあるものは柔らかく調理しておくということで、硬いままの状態で食べるよりも柔らかく加工してあるもののほうが、消化に時間がかかりません。 口に入れる前にある程度の調理をすることで同じ食材でも消化を良くすることができるので、工夫して負担の少ない状態で食べるようにすると良いでしょう。 また胃に優しい食べ物は刺激物を含んでいないという点も大切です。 香辛料などは味に変化をつけられますが、粘膜にとっては大きな刺激となり痛みを引き起こしてしまう可能性もあります。 こういった刺激の強い食べ物としては香辛料のほかにカフェインを含む飲み物やアルコールなども含まれます。 刺激の強い食物は痛みがある時にはできる限り避けた食事内容にすると良いでしょう。 胃痛には色々な種類のものがあるので、まずはなにが原因で胃痛が起こっているのかを考えておくことが大切です。 鎮痛剤を使用して痛みがおさまる場合は良いですが、もしも鎮痛剤を使用しても痛みに変化がみられない場合にはネキシウムを使うという方法もありますし、胃に優しい食べ物をとるようにするという方法もあります。

痛風の原因とは?
0

痛風の原因とは?

痛風は血液中の尿酸が身体の組織で結晶化して関節に貯留することで炎症を引き起こす疾患です。 一般的には血液中の尿酸の量が継続的に多い状態である場合に生じやすくなるリスクがあります。 そして痛風の代表的な症状としては、足の親指の付け根の関節に強い痛みや腫れが生じる関節炎や、しこりのようなものが生じる結節があります。 以下にこうした症状を引き起こす痛風の原因について挙げます。 痛風を引き起こす大きな原因は尿酸の蓄積であるとされており、その直接的な要因としてプリン体の関与が挙げられます。 このプリン体がなぜ痛風を誘発する要因になり得るかについて触れる前に、そもそもプリン体とは何かということについて触れます。 プリン体とは身体の活動に必要なエネルギー物質のひとつであり、また遺伝情報を伝達する核酸の構成成分のひとつでもあります。 このように身体にとって必要な物質であるプリン体は元々体内に存在しているものであり、外部からは主として食べものから補給されています。 そして細胞代謝および食べものから摂取されたプリン体が肝臓で分解されたものが尿酸であり、通常であれば尿や便と一緒に排泄されていきます。 これに対してプリン体が継続的に過剰に取り込まれると代謝産物である尿酸も多く産生され、排泄しきれない尿酸が結晶化して関節に沈着、炎症を起こして痛風という病態を引き起こしやすくなります。 つまり痛風は尿酸の増加や蓄積をもたらす原因のひとつとしてプリン体の過剰な取り込みが関与していると言えます。 またもう一つの原因としては、排出機能のバランスの崩れが挙げられます。 例えば何らかの原因によって腎臓の機能が低下しているような場合は尿酸の再吸収や排出が円滑にできない結果、相対的に増加したり蓄積する要因になり得ます。 その他にはストレスの関与が挙げられます。 心身にストレスが生じると過剰なエネルギー消費から尿酸の産生が増加するとともに、ホルモンの影響で腎臓の排泄機能のバランスが崩れて尿酸が排出されにくくなる可能性があると考えられています。 さらにこれらに加えて筋力トレーニング、いわゆる筋トレが場合によっては痛風を引き起こすことがあるとも言われています。 筋トレのせいで痛風に!?なぜなのか 身体活動において、とりわけ筋トレは顕著に筋肉の収縮を伴う運動であるということが言えます。 そして筋トレをするとなぜ痛風を引き起こす可能性があるのかということですが、ポイントとしては運動方法の違いによるものや、運動時における筋肉の代謝過程が関与しているという点が挙げられます。 こうしたポイントをふまえて筋トレと痛風の関係性について以下に挙げます。 筋トレなどの運動方法は大きく有酸素運動と無酸素運動の2つに分類することができます。 そもそも運動で筋肉を収縮させる際の代謝メカニズムとして、筋肉内にあるATP(アデノシン三リン酸)がADP(アデノシン二リン酸)に分解される過程で発生するエネルギーが利用されています。 有酸素運動は運動時に酸素が取り込まれるため、ATPからADPの分解およびADPからATPへの再合成が行われやすく尿酸の増加に影響が少ないという特徴があります。 一方、激しい運動や重量物を使うような無酸素運動では酸素がほとんど取り込まれず、ATPからADPへの急激な分解が生じることとADPからATPへの再合成も行われにくくなり尿酸の増加を招きます。 また酸素がほとんど利用されない筋肉の収縮が続けば疲労物質といわれる乳酸が蓄積してこの乳酸の蓄積も尿酸を増加させる要因となります。 上記のことから、激しい運動や短時間で大きな筋力を発揮させるような無酸素運動では痛風を誘発してしまう可能性はあると言えます。 しかしながら、運動そのものは痛風の予防や改善に有効な手段のひとつであると考えられています。 運動を行うのであれば積極的に酸素を取り込むことができて脂肪燃焼も促すようなジョギングやウォーキングといった有酸素運動を選択する方が適しています。

片頭痛の原因とは?
0

片頭痛の原因とは?

一般的に「頭痛持ち」と言われる人は日本人の3人から4人に1人と言われ、人口にすると約3千万人にも及びます。 その中で片頭痛で悩んでいる人は800万人以上とされ、中でも30・40代の女性に多く、閉経後の女性の割合が少なくなっているのが特徴です。 このように女性に多く見られる片頭痛の原因の1つとしては月経周期によって変化する女性ホルモン(エストロゲン分泌量)が関係しています。 ですから月経がはじまる1・2日前から月経中、排卵時に多く発症しエストロゲンの変化が少ない妊娠中や閉経後は頭痛があまり起きなくなります。 そして男女問わずに片頭痛で悩んでいる方の中で雨の日、季節の変化によって頭が痛くなる方も多いのですが、天候や温度差も原因の1つと考えられます。 この理由としてはまず天候で片頭痛が起きる場合、雨の日は気圧の変化が大きくそれによって脳の血管が膨張し三叉神経を刺激するのと、血圧の変化が起こりやすく頭痛を起こします。 同じような理由で飛行機に乗ると頭痛が誘発される方も居ます。 また温度差や季節の変化で頭が痛くなる場合は暖かくなる時期は血管が膨張し発症、逆に寒くなる時期は血行不良を招き緊張型頭痛からの片頭痛を起こします。 他にも片頭痛の原因で最近増えているのが精神的ストレスです。 この場合、ストレスから解放された時に頭痛が起こる時とストレスを感じた時に頭痛を発症する時があり、自覚のない他の原因と重なる事でさらに悪化する事もあるので注意が必要です。 特に自覚のない他の原因によく挙げられるのが睡眠不足や食物、血糖値の変化等ですが、食物に関してはアルコール・チョコレート・柑橘類、亜硝酸ナトリウム・グルタミン酸ナトリウムなどの添加物によって頭痛が起こりやすいです。 片頭痛が起こりそうな時はなるべくこれらの食品を控える事も大事です。 さらに遺伝や自分ではどうにもならない周りの環境(騒音、ニオイ、眩しさ)も片頭痛の原因とも言われますので、このまま一生治らずに付き合っていく病気なのかと悩んでいる方も多いようです。 片頭痛は一生付き合っていく病気なの? 片頭痛を起こす原因として女性ホルモン・天候や季節の変化・ストレス・遺伝など多数の原因がある事がわかりますが、それぞれに対応した治療やケアを心掛ける事で一生治らない病気ではありません。 まず治療に関しては薬物療法が中心となり病院で処方される薬や薬局で購入できる薬を用います。 ただし最近問題になっている薬物の使用過多による頭痛といった通常の片頭痛以外の病気もありますし、薬に関しては使用回数を守り予防的に服用する事は避けまましょう。 もし片頭痛が頻繁に起きて薬無しでは生活できない方は出来れば頭痛外来を受診して医師の診察を受ける事をお勧めします。 そして片頭痛が起きた場合の対処法やケアとしては、片頭痛が辛い時は光や騒音、ニオイに敏感になっているので暗く静かな場所で横になるか、横になるのが辛い場合はリラックスできる姿勢で安静にします。 また天候の変化、飛行機の中で片頭痛が起こった場合は血管を収縮させる作用があるカフェイン入りの飲み物を摂るのも良いですし、痛む場所を冷やしてあげると血管が収縮して痛みが和らぐ方も多いようです。 逆に緊張型頭痛で片頭痛を誘発している時は肩や首を温めると痛みが緩和するようです。 このように治療方法やケア方法は多数ありますが、個人個人によって誘発因子も異なり症状も多少変わります。 ですから自分はどんな頭痛の誘発因子があるか日頃から気にかける事で決して治らない病気ではありません。 特に頭痛が起こる時期がわかりやすい女性ホルモンが原因の方は生理前や排卵の時に特に光や騒音を避けたり、温度変化に気を付け、それ以外の方もまた日頃から環境やストレス、睡眠、食べ物に気を付けるようにします。 また予防として有効なビタミンB2やマグネシウム等の片頭痛に良い栄養を積極的に摂り入れたり、ハーブや漢方を使っている方も増えています。

授乳中の頭痛に鎮痛剤を服用しても良い?
0

授乳中の頭痛に鎮痛剤を服用しても良い?...

授乳中のお子さんがいる場合、育児に追われて疲れやすく睡眠時間も不足しがちという方が多いでしょう。 そのような時は頭痛が起きやすいものですし、妊娠・出産前から頭痛が起きやすいという方もいます。 頭痛は我慢できないほど辛い症状になってしまうと、鎮痛剤で早く治したいと思うものです。 しかし、授乳中の場合、薬の成分が母乳に移行していまい、お子さんに影響が出ないのか心配で辛くても我慢してしまう方もいます。 世界保健機構(WHO)によると、授乳することによって母子に与えられるメリットのことを考えると、ごく少量の薬の成分のために授乳をやめるデメリットの方が大きいとしています。 「薬を服用すると授乳をやめなければならない」ということを聞いたことがある方は多いでしょう。 しかし、これは一部の薬のことであって、すべての薬ではありません。 市販薬の場合、妊娠中や授乳中の服用は医師に相談などと記載されていることがあるため、そこから薬を飲むと母乳をあげられないという話が広まってしまったとされています。 母乳は血液で作られているため、薬を飲むと成分が移行してしまうものの、ほとんどの薬の場合、母乳へ移行する成分はごく少量で、お子さんに影響するほどの量ではないとされています。 そのため、授乳中に大切なことは辛い症状を我慢して全ての薬を飲まないことではなく、授乳中に服用してもいいものと、服用してはいけないものをしっかりと知ることです。 授乳中の頭痛で自己判断で鎮痛剤を飲むのに悩むのであれば、医師や薬剤師に相談してみましょう。 多くの場合は「アセトアミノフェン」という成分が含まれている鎮痛剤がすすめられます。 アセトアミノフェンは母乳への移行量が非常に少ないとされています。 このように鎮痛剤にな授乳中に服用してもいいとされている成分もあるため、症状が辛いようであれば授乳中の服用が問題ないとされている成分のものを選ぶようにすると良いでしょう。 薬を飲まずに頭痛を治める方法 母乳への移行率が少なく、影響がほとんどないとされている成分の薬があるとご紹介しましたが、それでもなるべく薬に頼りたくないという方もいらっしゃるでしょう。 頭痛は肩こりによって起こることもあります。 その場合、マッサージすることによって頭痛を解消する効果が期待できます。 肩こりが頭痛を引き起こす原因は、血流が悪くなることです。 肩のこりは、筋肉が緊張と収縮することで、筋肉の中を通っている血管も収縮させ、血流を悪くします。 血流が悪い状態は、血管内の酸素不足を引き起こした状態により起こるのが老廃物の発生です。 この老廃物も血流を悪くするため、その影響は肩だけではなく脳の血管の血流悪化にもつながり、頭痛となります。 また、ただ血流が悪いだけでも頭痛は発生しますが、血流が悪い状態は、頭痛の原因物質の分泌も起こします。 その結果、血流が悪い状態を放置すると頭痛の症状を悪化させることにもなるため、マッサージで対処してみると良いでしょう。 肩こりに効果のあるマッサージは、マッサージ店で受けるマッサージや人にやってもらうという方法もありますが、痛みを感じた時に気軽に試すことができるものもあり、首や肩を回したり揉んだりしてみると良いです。 首を回す時は、時計回りや反時計回りにゆっくりと回します。 肩は肘で円を描くイメージで、ゆっくりと回してください。 首を揉むときは、指の腹を使って首の後ろを円を描くように揉みます。 肩と首と同様に指の腹を使って、円を描くように動かしてマッサージしてみましょう。 このような方法でしたら自分でも簡単にできますし、鎮痛剤にも頼らないでできるので、薬に頼りたくないという時にはやってみると良いでしょう。

酷い生理痛は鎮痛剤ではなくピルを使うのも良い
0

酷い生理痛は鎮痛剤ではなくピルを使うのも良い...

毎月、重い生理痛に悩んで鎮痛剤を飲んでいる方も多いのではないでしょうか。 鎮痛剤を服用するのも良いですが、ピルを服用してみませんか。 鎮痛剤とは違って服用期間は長くなりますが、生理痛が重くならなくて済みます。 女性ホルモンは2種類あり、女性は1か月間でこのバランスが大きく変化します。 重い生理痛になる要因のプロスタグランジンは生理期間に増えて、経血を排出するために子宮を収縮するのです。 プロスタグランジンが分泌されすぎると重い生理痛になるので、これを防がなくてはなりません。 黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンがありますが、ピルには類似ホルモンが入っています。 そして、重い生理痛の原因であるプロスタグランジンの分泌を抑える働きがあるので、これによって生理が楽になるでしょう。 鎮痛剤の場合はプロスタグランジンを分解してくれるのでこちらも効果的です。 ピルを服用する場合、たいていは低用量ピルです。 他にもピルには種類がありますが、副作用が比較的少なくて済む低用量ピルをよく婦人科などで処方しています。 低用量ピルは徐々にホルモンバランスを整える薬なので、決められた期間は服用し続けなくてはなりません。 この期間は毎日同じ時間帯に飲みます。 ピルを使って間もないころは、副作用が出やすいです。 吐き気などがあるかもしれませんが、続けていくと副作用が出なくなるはずです。 あまりにもつらいようであれば、医師に相談してみてください。 薬の種類を変えるなどしてくれるかもしれません。 ピルの方が服用機会は多いですが根本的な解決が期待できます。 原因物質が過剰分泌しなくなるので、気分良く生理を迎えられるはずです。 ピルの力に頼ることも含めて、考えてみてください。 普段の生活スタイルを見直したり、食生活を改善することも重い生理痛対策になります。 ピルが有効とは言え、これらが乱れていると思っているよりも効かないかもしれませんので、生活習慣も見直してください。 低用量ピルの種類とは 低用量ピルと言っても、種類が複数あります。 どれも同じようなものというわけではなく、それぞれ役割があります。 日本では、低用量ピルは医師に処方してもらわなくてはならないので、医師と相談した上でどれが自分に合っているかを判断して処方してもらってください。 1相性は、薬に含まれているホルモンの量がずっと同じです。 ピルは1か月間のうち3週間は服用し続けます。 中には28日タイプもありますが、これだけ長い期間、ホルモンバランスを整えるために服用しなくてはなりません。 ただし、ずっとホルモンの量が同じで良いのかを考えなくてはなりません。 2相性は、黄体ホルモンの量が後半になると増えます。 ホルモンバランスが変化していくことを考えているので、2段階式になっています。 3相性は、黄体ホルモンの量が3段階で変わるので、より女性のホルモンバランスの変化と似ている低用量ピルです。 3相性が最もホルモンバランスの変化によく似ているので、日本では最も処方されていると言っても良いでしょう。…

ストレッチ中の女性
0

腰痛に効くストレッチ法について...

腰痛には様々な原因があり、筋肉の血流が悪くなっていたり、腹筋と背筋のバランスが悪くなっていることで起こることがあります。 これらを改善するための基本の4つのストレッチがあります。 まずは「腰と背中の筋肉をやわらかくする効果のストレッチ」で、仰向けに寝て片膝を曲げて両手で抱え込みます。 この状態を5秒間キープ、もう片方の脚とともに10回行います。 次に「腰まわりの筋肉をやわらかくする効果の動き」です。 仰向けに寝て片脚を上げて膝の裏を両手で抱えてゆっくりとしっかり伸ばします。 各脚を5秒間10回セットで行うと良いでしょう。 腹筋を強くすることも大切です。 仰向けに寝て脚は肩幅くらいに開け、息を吐きながらおへそをのぞきこむように顔を上げ、その状態を5秒間キープします。 筋力トレーニングで行うような、上半身を脚のもものところまであげる必要はありません。 さらに背筋も鍛えます。 お腹にクッションなどやわらかいものを入れてうつぶせになります。 このクッションを支点に背中全体を浮かせます。 胸を少し床から離した状態で5秒間キープします。 これらの4つのストレッチを基本として、それぞれの筋肉ごとにストレッチ方法が変わります。 大腰筋は背骨と脚をつなぐインナーマッスルと呼ばれる深層の筋肉で、この筋肉は股関節の前側にあり、膝を抱えれば縮まり、足を反らせば引き伸ばされます。 大腰筋が縮まった状態で堅くなってしまうと腰が反った状態で固定されてしまい腰に負担をかけ続けることになります。 これを解消するためのストレッチは、右膝を地面につけ片膝立ちの姿勢になります。 両手を左膝にのせ、ゆっくり前側に体重をかけていきます。 右脚の付け根から太ももが突っ張る感じなら正しく伸ばせています。 他のインナーマッスルには、復横筋や多裂筋があります。 背骨を支えたり背骨と背骨をつなぐ役割のある筋肉です。 ここを鍛えるストレッチは、床に手と膝をつく四つん這いの状態から左右逆の手と脚をあげ水平に伸ばします。 この状態で10秒間保ち、逆の手脚も同じように行います。 どのストレッチもゆっくり行うことが肝心です。 痛いと感じたらすぐに中止します。 腰痛と枕やマットレスの関係性とは 腰痛の大きな原因は、体を動かさずに同じ姿勢をずっと続けていて筋肉が硬くなってしまうことにあります。 仕事で立ち仕事をしていたり、内勤や運転手など座りっぱなしの状態が長時間続く仕事、普段から運動不足の方が腰痛になりやすいことでもよくわかります。 腰痛で痛いという状況で最も顕著なものは朝起きたときではないでしょうか。 これは寝ているときに同じ姿勢をキープしてしまい筋肉が固まってしまうことが原因です。 こうならないためにはマットレスや布団などの寝具選びが重要になります。 腰痛を軽減するためには、筋肉の柔軟性を保つことです。 寝ている間に筋肉が硬くならないように、寝返りをうちやすいマットレスで、自分の体の重さを分散(体圧分散)してくれるものが良いでしょう。…

リウマチや関節痛に効く鎮痛剤は通販で購入可能
0

リウマチや関節痛に効く鎮痛剤は通販で購入可能...

リウマチは男性よりも女性が多くかかる病気で男女比は1:4になります。 高齢の女性がかかる病気だと思われがちですが、若い人では20代で発症し、ピークは40代になります。 日本全国に70万人もの人がリウマチにかかっていると言われており、毎年1万5000人ずつ増加しています。 これほどたくさんの患者数があるリウマチですが、症状には関節の痛みや腫れがあります。 症状の進行具合には個人差があり、急激に進行してしまうと関節の腫れや違和感だけでなく、強い痛みが出てくることになります。 その際には適切な鎮痛剤を使用して関節痛をコントロールしながら生活を送っていくことが大切です。 リウマチの痛みは強くなると関節周囲が腫れて関節が動かせなくなるために、そのまま関節を動かさないでいると関節が固まってしまい余計に痛みが強くなる可能性もあります。 関節は本来動かすために存在をしていますが、動かさない期間が長くなると、動きが悪くなり、最悪の場合には関節が固まってしまうことがあります。 そういったことを予防するためには、関節を定期的に動かしておくことが重要で、痛みがある時には鎮痛剤を使用して痛みをコントロールすることは関節の機能を保つために必要なことです。 リウマチになった人は関節痛があると、痛みが起こらないように体を使うようになり、症状が出ている関節をほとんど動かさないようになることがあります。 関節周囲の筋肉は動かしていないと伸び縮みする機能が弱くなり硬くなっていきます。 痛みを鎮痛剤で除去できれば、少しずつ関節を動かせるようになり、関節としての機能を保持できるようになります。 リウマチの関節痛に使われる鎮痛剤は色々な種類のものがありますが、ほとんどのものは通販で購入することができます。 病院を受診して処方してもらう必要のある薬でも個人輸入代行をしている通販サイトを利用すれば、誰でも鎮痛剤を購入することができます。 ただし自分自身で使用する分量に限られます。 リウマチの症状の種類 リウマチになるとあらわれる症状の種類には関節にあらわれる症状以外に全身にあらわれる症状もあります。 関節に出る症状は関節を包んでいる滑膜の炎症が原因となります。 これは手足の小さな関節に発症しやすいという特徴があり、長期的にみると左右対称に症状が出ることが多いようです。 関節にあらわれる症状は初期にはこわばりといって動かしにくいという症状から始まります。 朝起きた時に物がつかみにくい、力が入らないといった感覚がでてきます。 その後症状が進行していくと炎症により関節が破壊されてしまい変形したままの形になってしまうことがあります。 関節の変形は主に手や足の関節に起こりますが、それ以外にも肩やひじ、股関節、膝など体の色々な部位でも起こる可能性があるということを覚えておきましょう。 体の中の大きな関節に異常が発生することで生活動作が通常通りに行えないなど、生活の中で支障をきたすこともあります。 他にはリウマチの炎症は全身で起こるために、微熱が出たり全身のだるさや疲れやすさといった症状が起こります。 炎症が肺の間質という部位に発生すると、間質性肺炎を発症することもあり、病状が悪化すると肺の機能が落ちて呼吸がしにくくなってきます。 さらに炎症が血管に及ぶと、血管の壁の内側に炎症が起こり血管炎を引き起こします。 心臓で血管炎が起こると弁膜症や心膜炎の原因となり、最悪の場合には心筋梗塞の原因にもなります。 他に骨を破壊するスピードが速くなることで骨粗鬆症を起こしたり、ヘモグロビンの産生が遅くなることで貧血の症状が出ることもあります。 リウマチは関節以外の部位にも症状が出るため、どのような症状が起きているかを観察することも大切になってきます。

他の解熱鎮痛剤とは違うセレコックスの特徴
0

他の解熱鎮痛剤とは違うセレコックスの特徴...

セレコックスは胃にやさしい鎮痛剤です。 炎症を鎮め、痛みをやわらげる効果があり、ゆるやかに効きはじめ長時間持続する特徴を持っています。 速効性の解熱鎮痛剤と違い、胃粘膜の保護作用低下を抑えて胃に負担をかけにくくし、副作用が少ないとされています。 長時間効果が持続するため、腰などの痛み止めとして最適です。 解熱鎮痛剤としての効果を持ちますが、セレコックスは解熱作用の保険上の適応がなく、効能としての記載はありません。 そのため解熱作用がないと思っている人も少なくありませんが、他の解熱鎮痛剤と同様の効果を持っています。 元来、鎮痛・消炎剤として開発された薬であり、胃にかかる負担を軽減し長時間効果を持続させることを目的とした薬なのです。 ほかの解熱鎮痛剤では胃に痛みがでやすいという人には適しています。 また長時間の効き目ということでは、1日2回の服用で24時間持続するため、日中服用することを気にする必要がなく仕事に集中できます。 セレコックスの抗炎症作用は、大腸がんを予防する効果があるともされています。 大腸の炎症を鎮め、ポリープの増殖を食い止める働きをするため、予防効果と大腸がんのリスクを軽減します。 その効果は抗がん剤と併用することで抗腫瘍効果を発揮し、抗ガン治療に処方している病院もあります。 副作用の少ない薬とされていますが、どのような副作用があるのか知っておく必要があります。 ひとつには、インフルエンザを発症しているときは使用しないこと、これは解熱鎮痛剤全般に言えることですが、合併症であるインフルエンザ脳炎・脳症を悪化させる可能性があるためです。 インフルエンザの際に使用できる鎮痛剤は限られているため、医師から処方されたものだけ服用するようにしましょう。 もうひとつには、長期間の使用は避けることです。 長い期間服用を続けると、心血管系に悪影響を及ぼすことが報告されているためです。 ほかにも、痛み止めなどの解熱鎮痛剤を服用する際には、決められた時間の間隔を守り、他の薬との飲み合わせにも注意が必要です。 セレコックスなどの「非ステロイド性消炎」って? 非ステロイド性抗炎症薬は、痛みを起こす原因の発生を防ぐ働きがありますが、一般的な非ステロイド性抗炎症薬は胃粘膜の保護作用を低下させるものが多いのです。 それを改善するために開発されたセレコックス、その有効成分セレコキシブには胃を荒らすことを防ぐはたらきがあり、胃粘膜の保護作用を保ちながら痛み止めの効果を発揮するという特徴があります。 通常の鎮痛剤では1日3回の服用であることに比べ、効きはじめは緩やかながらも長時間効果が続くセレコックスは、1日2回の服用です。 また次の服用まで、通常の鎮痛剤は3~4時間の間隔をあけるとされていますが、セレコックスは少なくとも6時間以上開けなければならないとされています。 薬の服用に関する注意点はそれぞれ異なるため、副作用を防ぐためにも注意を守らなければなりません。 医師の処方せんが必要なセレコックスですが、服用後に吐き気・嘔吐・発疹など副作用と思われる症状が出た場合は、速やかに医師の診察を受ける必要があります。 セレコックス有効成分セレコキシブは、アスピリン喘息・消化性潰瘍・重篤な肝障害・重篤な腎障害・重篤な心機能不全のある人には服用を禁止しています。 また妊娠末期の人や冠動脈バイパス再建術の周術期の人へも禁止しています。 注意書きには、致命的な事象の発現を防ぐために必要な事項が記載されていますので、用法・用量等を守り、医師の処方によって服用してください。 長期服用については、まだ安全性が確立されていないため、長くても1年を超えない期間での服用とされています。 鎮痛剤を服用する際には、ほかに飲んでいる薬の存在を明らかにし、医師に伝えなければなりません。 飲み合わせによって重篤な副作用も考えられるため注意が必要です。

ボルタレン
0

ボルタレン(解熱鎮痛剤)は何歳から飲んで良い?...

ボルタレンは有効成分ジクロフェナクナトリウムが持つ優れた抗炎症作用によって、患部の炎症で引き起こされる強い痛みや腫れ、発熱を抑える効果を持った解熱鎮痛剤です。 ボルタレンはNSAIDsとも呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬の系統に属する薬で、痛みの原因となるプロスタグランジンという物質を生成する酵素の働きを阻害することで効果を発揮します。 痛みが生じるメカニズムに直接作用して原因物質の発生を抑えることから、ボルタレンは非常に良く効く痛み止めとして広く知られるようになりました。 NSAIDsグループの中でも痛み止めとしての効果が格段に高いボルタレンは、手術後や抜歯後の麻酔が切れた後に起こる激痛緩和のために処方されるほどの解熱鎮痛剤です。 効果の高い薬には副作用を起こしかねない強い成分が含まれていることが多くボルタレンも例外ではありません。 優れた抗炎症作用を誇るボルタレンの有効成分ジクロフェナクナトリウムですが、効き目の強さゆえに錠剤と座薬は劇薬指定となっており、原則として医師の処方を受けなければ利用できない薬です。 手術後の激痛が緩和できるほどの解熱鎮痛剤だけに日ごろから強い痛みに悩む人にとっては、いつでも入手できる市販薬としてのボルタレンが欲しいところです。 有効成分を使った塗り薬や貼り薬の市販薬はあっても錠剤や座薬は処方薬しかありません。 強い効き目を持つボルタレンは長期間服用してしまうと耐性が生じて効きにくくなったり、胃痛や吐き気といった胃腸への副作用が生じやすくなるため、医師が痛みのピークを見定めて限定した期間で処方すべき痛み止めとされています。 高い効果に付き物の副作用が心配されることから、ボルタレンは子どもと高齢者の服用は原則的に不可とされており、胃腸への影響が少ない座薬のみが慎重に投与されることがあると言われます。 錠剤が服用可能となるのは15才以上からで、高齢者の場合は65歳以上になってから使用する場合には慎重な投与が必要となる痛み止めです。 子どもの場合も高齢者の場合も何歳から大丈夫で何歳以上は不可というより日ごろの体調や持病の種類、アレルギー体質など副作用が生じやすくなる要因を見極めておく必要があり、いずれの場合も医師の慎重な判断の下に処方されます。 ボルタレン服用時は必ず胃腸薬も服用する理由 ボルタレンは有効成分ジクロフェナクナトリウムが持つ優れた抗炎症作用で、痛みの原因物質プロスタグランジンの生成を阻害して強い痛みや腫れを緩和します。 手術や抜歯の後で麻酔が切れた時に起こる激痛を和らげるために処方されるほど高い効果を持つ解熱鎮痛剤です。 NSAIDsこと非ステロイド性抗炎症薬の中でも効き目の確かさで特に人気が高いボルタレンですが、胃痛や吐き気といった副作用が生じやすいため胃腸薬も共に処方されます。 ボルタレンが処方される際に何故胃腸薬が処方され一緒に服用する必要があるのかの理由は、ボルタレンが痛み止めとしての効果を発揮するメカニズムそのものにあります。 ボルタレンは有効成分ジクロフェナクナトリウムの働きで、痛みの原因物質プロスタグランジンを生成する酵素シクロオキシゲナーゼの働きを阻害して効き目をあらわします。 このプロスタグランジンを抑える効果こそが胃腸にダメージを与えることに繋がってしまいます。 ボルタレンが抑制するプロスタグランジンは炎症の際に出て来るだけではなく、消化管などの粘膜に普段から存在して粘膜保護などの働きを助ける役割も果たしている物質です。 胃に存在するプロスタグランジンも胃酸の分泌を抑えたりすることで胃粘膜保護に貢献しているため、ボルタレンがプロスタグランジン生成を抑え過ぎてしまうと、胃粘膜の保護に必要なプロスタグランジンも足りなくなってしまいます。 何故ボルタレンと胃腸薬がセットのように処方されるのかは、足りなくなるプロスタグランジンの代わりに胃粘膜を保護して胃腸の機能を守るためです。 ボルタレンが必ず胃腸薬と一緒に服用するべき解熱鎮痛剤なのは何故なのかを理解した上で、胃腸を守りながら痛み止めとしての優れた効果を役立てることが大切です。 市販の解熱鎮痛剤よりも強い薬であることを今一度しっかり認識しておく必要があります。 特に子どもと高齢者は副作用が出やすいことを家族全員で把握して、痛みが強いからと他の家族が処方されたボルタレンを子どもや高齢者に安易に服用させないことも重要です。 また、なかなか通院などができない方は通販でボルタレンを購入することも可能となっています。 その場合には安心できる個人輸入代を選ばなくてはなりません。 色々な口コミなどを参考にしてから通販サイトを選びお薬を購入するようにしましょう。

痛み止めの薬
0

痛み止めとして代表的な解熱鎮痛剤の紹介...

解熱鎮痛剤として市販されている薬はさまざまですが、それぞれの痛みに適したものを選ぶことが大切です。 頭痛・生理痛・歯痛・関節痛などに効果を発揮する鎮痛剤ですが、成分の違いによりその痛みの部位に効く薬を服用することで、炎症や痛みを少しでも早くやわらげることができます。 頭痛には、ロキソニンS・イブA錠EX・タイレノール・セデスハイなどがあげられ、生理痛には、エルペインコーワ・ロキソニンS・バファリンA・ノーシンピュアなどがあげられます。 また歯科医に診てもらう時間がない場合の歯痛には、ロキソニンS・リングルアイビー200・ハイタミンが服用され、つらい関節痛にはルミフェン・ロキソニンS・ラックル速溶錠が安定した鎮痛効果を発揮しています。 ほかにも痛み止めとして市販されている薬はたくさんありますが、含まれている成分を確認し、自分に適した薬を選ぶことが大切です。 痛みは時と場所を選ばないため、仕事中や何かやらなければならないことがたくさんある場合など余計に辛いものです。 そのような時には眠くなりにくいロキソニンS・リングルアイビー200・バファリンA・タイレノールなどの、眠気を伴う成分が入っていないものを服用すると良いでしょう。 基本的に、鎮痛剤を服用した後は車の運転など、危険を伴うことは禁止されています。 眠くなりにくい鎮痛剤でも、禁止事項は守らなくてはなりません。 市販薬の解熱鎮痛剤であっても副作用は付きものです。 用法・用量通りに服用しても効き目が現れない場合や、副作用の疑いのある症状が現れた場合は、すぐに服用を中止し受診することが大切です。 市販薬は一時的に痛みや炎症を緩和するためのものであり、原因自体がなくなるわけではないので、医師の診察を受けることも必要な場合があります。 またほかの症状で日常的に服用している薬がある場合には、市販薬ではなく医師の診断のもと処方薬を服用しなければなりません。 飲み合わせによって重篤な症状が現れることを避けるためにも必要なことです。 処方薬と市販薬のロキソニンの違い ロキソニンSが市販されるようになりましたが、処方されたロキソニンと市販薬のロキソニンSの違いはどのようなものなのでしょうか。 成分では、成分量・添加物・大きさ・形は同じなので効果に違いはありませんが、用途の違いにより効能・効果・用法・用量が異なります。 病院では、特定の症状や疾患の鎮痛・消炎に対して使用する場合、術後の鎮痛・消炎に対して使用する場合、解熱鎮痛剤として使用する場合などにより、服用方法が違ってきます。 処方薬を服用する場合は、飲み合わせについても確認されているため安心ですが、自己判断で薬を決めるときは成分を確認することが大切です。 市販薬のロキソニンSは、すぐに受診できない場合や痛み止めが必要な時に応急的に服用するようにし、注意を守って服用しても症状の改善が見られない場合には、早めの受診が必要です。 ロキソニンSのほかにも同様の成分ロキソプロフェンを同量含んでいる市販薬には、ロキソプロフェン錠「クニヒロ」・エキセドリンLOX・ユニペインLなどがあります。 これらの薬にもロキソニンSと同等の効果が期待できると考えられています。 飲み合わせに注意が必要な薬には、ワーファリン(抗凝固薬)・スルホニル尿素剤(血糖降下剤)・ニューキノロン系抗菌剤(抗生物質)・メトトレキサート・炭酸リチウム(躁病など)・サイアザイド(チアジド)があります。 これらの薬とロキソニンを一緒に服用すると、効果を弱めるだけでな、副作用のリスクが高まる危険性があるため、解熱鎮痛剤として服用したい場合には、必ず医師の診断のもとに処方してもらうことが重要です。 何の病気もなく健康な人が痛み止めとして短期間服用する場合には問題なくても、何らかの疾患で他に薬を服用している人にとっては、市販で簡単に購入できるからといって軽い気持ちで服用することは危険です。